2014年10月13日月曜日

Cabaretに痺れました

今週末は3連休。意気揚々と仕事を片付けて、

タカマル家に集合


ダイスケ、Ko Umehara、shake m、ヤスアキという濃いメンツが集まり、美味しいご飯を散々喰った後にみんなでunitへ移動。



そこで感じる。美味しいものをたらふく食べなければcabaretでは本気で遊べないと…


というのは言い過ぎかもしれないけど本当にストイックという言葉がふさわしい他には類を見ないパーティで昼前までガッチリロックされてしまいました。



dawdで一緒にやってるjun kitamuraさんもukスタイルのテクノセットでガッチリ。さすがでした。


そしてダンベル事dbxの10時間セット。こういうのって東京でしか絶対に聴けないから、どんなもんだ?くらいの気持ちだったけど、あっさりフロアーではめられてしまった。重心低めのテクノやハウスをgrooveyに繋いでいく。言葉で言うのは簡単だけど、10時間だからね!前半の引っぱり具合とかやっぱり2時間程度のセットじゃ絶対にできない。過酷だけど気持ちいい。そしてミニマルだけどアメリカンなノリに心も揺さぶられる。

しかもbpmのコントロールもキッチリしてて、休ませないようで休ませてくれる優しいdbx。

朝5時〜6時くらいにかけてswagの1/2 jacksとかデリックカーターの曲とかシカゴ風味も出てきて気づいたら足が痛い(やっぱりもうおじさんなんだな)


これを久しぶりに聴いたけど気持ち良かったな〜

そして昼に向かってデトロイトっぽいメロディラインやハウス直系の気持ちいいところをおしげもなく出してきて、この頃には緊張感も体の感じもよくわからない状態のぶっ壊れてる人でいっぱいに。


久しぶりにすごい刺激をもらった気がする。masdaさんにカブさんを始め関係者のみなさんのお疲れさまでした。

ROUNDHOUSEも負けね〜!!!!!!がんばろ〜〜〜!!!!!!!


0 件のコメント:

コメントを投稿