2015年7月1日水曜日

親孝行

DAWD@OATHありがとうございました。外人さんが多くて異様な熱気で、深夜帯のJUNさん~KABUTOさんの重いGROOVEが突き抜けてて、ブースの前で足が止められなかったです。

結局終わったのが11時前。そして恒例のJUNさんが食べたいもの(今回は寿司)を食って帰宅したのは13時。さすがに疲れましたwwwという訳でTHE CHOICEからDAWDという濃密な2週間を終えて、少し気を抜けるのでここで6月にあった個人的な話を。

5月の終わり、遊びに行こうと思ってたDazzle DrumsのTHE CHOICEの日に昼間仕事してたら母から父の体調の急変の連絡があったんです。父は絵を書いたり見るのが好きな美術畑の趣味を持つ、中学校の先生だった人で、音楽もレコードやテープ等のアナログで聴きたいっていうこだわりを持ってた人。聴く音楽のジャンルはクラシックが中心。教師をやってるのにそんなにカッチリした性格でもなく、自分が20代の頃に実家に外国のDJを泊めたりしても楽しそうに二人でしゃべってたり、ご飯を作ったりしてエンジョイできるような人。美的にも音的にもものすごい敏感で俺が家でDJの練習をしてる時も隣の部屋でよく聴いてたみたいで、



高校生の俺は一番ハードコアなシカゴハウスの聴き方してたからこんなのばかり聴いてて、頭がオカシイと思ってたらしく。たまに…



デトロイトの気分でこんなのを聴いてると今日はいいの聴いてるなって部屋にニヤニヤしながら入ってくるような中々センスのある親父なんです。

そんな父を喜ばせようとここ数年はアナログやテープで父の日に色々プレゼントするっていうのを毎年の恒例行事にしてました。








Aphex Twin - Selected Ambient Works 85-92
最初にあげたのはこれのアナログ。自分はこれをCDで聴いてて、いつもこれ何?って気にしてたのですげえ喜んでました。それにしてもいきなりAPHEX TWINっていうのもなかなかのクレイジーぶり。





Kraftwerk - Tour De France
多分今まであげた中で一番喜んでたのがこれじゃないかと思います。ジャケットを含めてレトロ感を感じてたのかなって思っています。こういうシンプルなトラックを繰り返し聴きながら本読んでた気がする。





この当時に白石さんにR20出演してもらったり、白石さんのパーティに呼んでもらったりしてた時期でちょうど良くテープでアルバムをリリースされてたのでプレゼントした記憶があります。テープってことで喜んで聴いてたと思います。






Gregor Schwellenbach spielt 20 Jahre Kompakt

Kompaktの20周年記念でケルンの作曲家、演奏家の Gregor Schwellenbachが、Kompaktの代表曲を室内楽(チェンバーミュージック)で再現するプロジェクト。クラシック好きの父にはいいかなって思ったけど、逆に狙いすぎだったかも(笑)むしろEVERLASTINGのオリジナルの方をちゃんと聞いてました。




ちなみに…



父ちゃん死んだ訳じゃないです(笑)まだ集中治療室から出れないけど、少しずつ回復に向かっています。今年はこれを準備してたんだけど、もちろんまだ聴ける状況じゃありません。今のエレクトロミュージックをどう聴いてくれるのか興味あるな。






ということもあってここ1ヶ月は仕事も休んだり、仕事から実家に直帰したり、休みの日も病院行ったりでかなりバタバタしてる中でTHE CHOICEやDAWDみたいな過酷なパーティもあったのですが、なんとか乗り切って気が抜けています。一緒にDJする人にも気を遣われたくなかったので黙ってました(さすがに会社を休んだりしたので仕事関係の人には言いましたが)

ようやくこの話を色んな人に言えるので一安心…DJをお断りしちゃうタイミングもあるかもしれませんが、こんな状況下でも調子良くDJできてるんで、気を遣わずにどんどんお誘い下さいませ。決まったDJは責任を持って最高のプレイします!よろしくお願いします。

引き続き精進いたします。REMI

0 件のコメント:

コメントを投稿