2015年7月26日日曜日

シカゴ出身のオジサン達。

6月は怒涛のスケジュールだった為に最近はブログもパーティの紹介ばかりになっちゃったし、7月はかなりゆっくりしてて更新もままならないのですが、レコードは相変わらずガッツリ買ってます。



ここ最近はオールドスクールなシカゴハウス出身の方々の動きが活発なのでお気に入りをいくつか紹介♪



Ron Trent - Ron Hardy Dedication to you 1985

これCDでしか流通してなかったレア音源をRUSHHOURがアナログ化。最近のRON TRENTは昔のようにキレキレのシンプルなアシッドやシカゴものいっぱいリリースしてて、破竹の勢いですが、そのノリとかぶるような80年代の名曲。今でも全然使える。




Robert Owens & Yam Who? - This Time

これは少し変わり種。Yam Who?は細かいジャンアルの括りで言えば、いわゆるNU-DISCOになるんだろうけど、ここまでRobert Owensの歌声を生かしたトラックを作った人が最近いるんだろうか?ってくらいバッチリはまってて、やっぱりRobert Owensはシンプルなトラックに歌乗っけてるくらいが最高だなとシカゴ感を感じています。

そう考えるとやっぱりTEARSって最高の曲なんだよな。



Aphrohead - Let's Prance 

Aphrohead aka FELIX THE HOUSECATがかなり久々の新譜リリース。最近ベルグハインの入店拒否の話でかなり話題性のあったこのレジェンドもCROSSTOWNから新曲をリリース。FELIX名義だとちょっとダサイ???みたいな曲ばかりだったけど、久しぶりにアンダーグラウドに下りてきた感じ。ボコーダーの使い方とかがはちゃめちゃすぎてシカゴ感100%です!

でも、昔のビートとベースでウワモノ一発でグイグイいって感じの作って欲しい(これはDAVE CLARKのリミックス)




SEBO K AQUAMARINE(Mr.Fingers MIX)

常に進化してベストな仕事をするラリーハードのミックス。これは美しい旋律のKEYの音色をダーティにエフェクトかけて、ダンサブルなトラックに。

今あげたメンバーの中でも一番オールドスクールな人のはずなのに常に進化して、最新のことをやってるって意味でやっぱりすごい。

次のミックス早く聴きたいな。


という訳で少し落ち着いたので家でじっくり音楽聴いたりしつつ、ちょっとおとなしくしてましたが、またDJの話いっぱい頂いてるのでシカゴ魂もって頑張ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿