2015年11月24日火曜日

FK

14日土曜のgroundrhythm 13th Anniversaryは最高だった。薫さんと楽しく飲んで最後はフロアで一緒に踊って、いつまでも続いて欲しい時間でした。



RAMAもありがとう。最後は決めポーズで写真パシャリ。まだまだ興奮もさめやらないとところですが、(実は飲み過ぎでバキバキに体調崩しています)今週金曜はFRANCOIS K. JAPAN TOURがAIRが開催されます。FKに関しては国内外合わせて20回以上現場で拝聴(あえてこの言葉)してて、何を書いたらいいか分からないので、昨日家でFK EPとTIME&SPACEを聴いてました。




やっぱりこれ歴史的名作。FK EPは自分がレコード買い始めるちょっとくらい前にリリースされたレコードだけど、90年代はハウスDJみんなレコレコードバックにいれてたな。誰がどれかけるかで話しあってた。当時の出来上がってたソウルフルなハウスシーン一石を投じた一枚って言っても過言じゃなくて、今でも色褪せない。俺の勝手なイメージだけど、熟成したテクノシーンにRicardo Villalobosみたいな洗練された変態が登場してきたときと似てる感じがします。

今の若いDJ達にもぜひアナログでプレイしてほしいですね。(ハウスでもテクノでもジャンルを問わずいけます)




Francois Kevorkian - Mindspeak 自分は90年代~2000年初頭はシカゴハウスとこれをいつもミックスしてましたね。





Francois K - Time & Space DJを始めたころから大親友YAMADAtheGIANTがもっと影響受けたであろう一曲。ボイスサンプルでも入ってるけどミュージカルジャーニーっていうFKの音楽感を決定づけたスーパーDEEP HOUSE CLASSIC。




Floppy Sounds - Ultrasong (Francois K Studio B MiX) これなんかは今でも即戦力で使えるな~誰がかけたかは覚えてないけど、UNITのCABARETでもかかってた。改めてこの曲の凄みを感じた瞬間であった。

まあ、FKはいつだって最先端に言ってるからこの辺はかからないかもな~って思っています。いつも何万曲も持ってくるし、ロングセットなので何が起きるかは分からないから油断はできないですが…

国内外で20回以上FKのDJ聞いてるけど、多分最初は1998年のYELLOWだったと思う。もう17年前なのか…ついこないだって感じしちゃう。Joceyln Brownが一緒でした(当時はそっちが目当てだったかな)

そして自分が一番印象に残ってるのは2000年のYELLOW9周年のロングセット。あの当時はFKがオープンラストっていうのは当たり前(しかもオープン21時)だったので、必ず23時前に入るようにしてました。その時間帯にかけるいわゆる音数の少ないインストのディープハウスがかっこよかった。今は当たり前のようにそういう曲がかかる時代だけど、その当時はそんな事がなかった。FKがいつだって最先端にいて「こんなのどうだ?」って温かい気持ちで音数の少ない冷たいトラックを投下してて、その感じが20歳くらいのDJ始めたばかりの自分にはすごく楽しかったの覚えてます。その日の夜は音数の少ないところから少しずつビルドアップして深夜3時過ぎにI FEEL LOVEで最高潮を迎えたと思ったら、そこから一気にBPM90くらいのR&Bに落とす~みたいな物凄い引き出しを見せつけられた印象が今でも残っています。

その後にはYELLOWのクロージングパーティでフランソワで30時間踊り続けたりもしたし。恵比寿ガーデンホールのカウントダウンもぶっ倒れそうになるくらいあげてくれたり、海外でもやばかったのいっぱいあったけど…これを語りだしたら、1日くらい潰れそうですね。。。気になる人は27日AIRで俺に話しかけて下さい。

B2はFKとToshiyuki Gotoさん。そしてB1はROUNDHOUSEのクルーで固めます。FKがDEEPについてきたところで上は楽しく騒げるスペースになればなと意気込んでおります。


色々書いたけど楽しみだな◎間違えなく相当な盛り上がりを見せるし、それに呼応するFKのDJは必聴なので気になる方は是非ご来場ください。

ご優待枠ご希望の方はacidbaby@me.comまでいつでもご連絡下さい。






11.27.2015 FRI.
FRANCOIS K. JAPAN TOUR 2015

MAIN FLOOR
Francois K.
WAVE MUSIC | from NY

Toshiyuki Goto

2ND FLOOR
ROUNDHOUSE FLOOR

REMI
DAWD

NEBU SOKU

WATARU SAKURABA

SINO
DAWD

OKAYAMA
Oshiga Club

haraguchic
DAWD | FFF


NoMad
黒田大介
kickin

Takehiko Kitahara
TREAD | 茶澤音學館

T.B.BROTHERS


NEW YORK HELL
NAGOYA

SUZUKO


Artist promoted and tour co-ordinated by
Ryo Watanabe
FACE | ESCAPE


0 件のコメント:

コメントを投稿