2016年2月22日月曜日

初心に帰ろう

活動激しめの2週間くらいを振り返り。 2月11日はDAWD@OATH、半年ぶりの開催になりましたが、相変わらずのGROOVE地獄で楽しいパーティでした。前半戦は意識的にどうしてもPLASTIKMAN/SPASTIKをかけたかったのでミニマルハウスを多めに投入してDAWDの流れを作りつつ、JUNさんにバトンタッチ。後半戦は我慢しきれずにアシッドハウスのクラッシクスを連発してバキバキな流れに。


 
SPASTIKは高校生の頃にシカゴハウスと思ってずっと聴いてた。やっぱり現場で聴くとキックの威力がすげえ。


 最近のOATHの流れでは前半戦の方が受けるかなって思うんだけど、後半戦の方が爆発的に盛り上がる。自分のDJにあったGROOVEだからかなっていうのもあるけど、OATHってそんなに単純じゃない。



OATHって生き物である。いつもDJやってて面白いです。


JUNさんはいつも通りの「SIMPLE IS BEST」のクオリティなんだけど、SINOのDJも面白かった。硬いGROOVEの中にマイケルジャクソン投入したり、ものすごいメッセージ性が伝わってきた。また一緒にやるの楽しみだな。      SINOが最近アップしたミックスもいいですよ。



 そして19日土曜はSWITCH@ASIAでDJ。AIRのアニバーサリー以来のGONNO君と一緒でワクワクしながら現場へ到着。場所柄か、サラリーマンやクレイジーな外人がいっぱいいて、前半は変化球で調子に乗れなく、後半は直球勝負へシフトチェンジ、ASIAは想像以上に音が良くて、GREENVELTとか気持ち良くかけれたな~。

 ただ、圧巻だったのはGONNO君。 

自分は少しオトナになったせいか後ろのDJにできるだけスムーズに入ってもらえるようにできるだけ長尺の曲を長めに残して交代するようにしてるんだけど、GONNO君は次の曲をすぐにぶち込んできて、しかも別のタンテでアカペラのレコードをミックスしてくるというかなりの勝負ミックスを展開して客のテンションをコントロールしてて、久々に度胆を抜かれました。。。

 かなり神経を使うミックスをしてるはずなのにGONNO君はDJ小僧のように楽しそうにDJしてた。


俺よりよっぽどシカゴっぽい事やってた気がする。久々に初心に帰らなきゃって焦った夜でした。刺激をもらって良かった。


 それと新しいミックスをアップしました。日本のシカゴ・ジャッキン系の若手で最近海外からのリリースもいっぱいしてるLULU&GASのポッドキャスト。バキバキのシカゴハウスを期待されてたかもしれないけど、ミニマル~アシッド~ディスコと縦横無尽にオッサンの老獪なテクニックで上げ目のミックス作りました。いいシカゴバイブス出てると思うんで是非聴いて下さい!


0 件のコメント:

コメントを投稿