2016年9月12日月曜日

剛速球と変化球

先月のTHE OATHの終了後。楽しかった~◎


という訳で8月からスタートしたTHE OATHの第3金曜。久しぶりのレギュラーでもう一か月経つのか~って感じですが、この一か月も色々濃い出来事が多かったです。

久しぶりに復活のGroundrhythmはどの出演者も素晴らしく、Tracks Boysの音数少ないところからのジワジワ上げてくDJに井上薫さんの上げっぷりに感服。自分も夏っぽくDUB TRIBE SOUND SYSTEMのDo It Nowかけたりしてエンジョイ夏でした。やっぱりGroundrhythm楽しかった。


この前のCONTACTでもかけたけどやっぱり名曲だな~ライブみたいな~。

そしてGroundrhythmの後、そのまま睡眠不足のままDMC JAPAN FINALのお手伝いへ。



今年からはバトル部門が復活して見応えがあった。MCバトルも好きだけど、こっちも面白い。

シングル部門で2位だったけど、DJ松永のプレイは新しさを感じました。渋谷系のノリもあり、テクニックも見せる部分モハンパなくてよりDMCの幅を広げそう。色んな人に見てもらいたいなと。それにしても2位で悔しそうな顔してたのが印象的だった。


これ以外にも色んなところに遊びに行ったり、色んな音楽聴いたり、色んな人とお話したけど、やっぱり印象的だったのはOATHの第3金曜がスタートしたこと8月の1発目は天気予報も雨マークでどうなることかと思ったけど、お客さんもかなり入っていい船出になりました。


特に印象的だったのは今月もやってもらうMILKMANNの4時過ぎの流れ。それまで自分が野球で言えば剛速球なビート丸出しのハウスで作ってたのに対してERIC KUPPERのK-SCOPEシリーズの古いのを持ち出して来たり、かなり変化球のハウスで遊びに来てる人たちの腰をクネクネさせてその次にABE DUQUEのACIDHOUSEをかけてドロドロの流れに戻す。ハウスのパーティならでは長い時間を使っての展開が作れたのが面白かった。野球でも緩急で勝負するって言うけど、一晩使って緩急つけるのはやっぱり面白い

久しぶりに聴いたけど、ブレイクのエグさがすごい。90sのNYのアンダーグラウンドハウスをヨーロッパ的にかけるのがMILKMANNのクセ者的な良さだったりする。

PLANET Kの後にこんなのかけられたら酔っぱらってたら完全にやられちゃうね!


その後のSINOがガッツリ上げにかかって更にヒートアップして、自分が始まる朝方には大雨だったけど、OATHのテンションがガッツリ上がったままでした。MilkmannnとSINOで色んな展開が作れた分、朝にはGnarls BarkleyのCRAZYのハウスEDITでガッツリとしてHOUSEの一晩の流れが作れた気がするな。

これはオリジナル。ハウスEDITは現場で是非に!

と長々と書いたけど、OATHという場所も生き物だし、HOUSEという音楽も生き物である。9月は前回に引き続きMILKMANN、そしてOATHの日曜でブイブイ言わせてるDECK THE HOUSEのZAKIが初参戦。今週金曜どんなストーリーをつむげるか期待が膨らむと同時にしっかりとGROOVE切らさないように8月よりも精度を上げて3人で準備しておりますので是非早い時間からお集まりください!早い時間からだとより物語を感じれるはず!THE OATHの第3金曜は自信持ってハウスパーティといえるんで今週金曜もよろしくお願いします!

俺はどんどん剛速球投げてくぞ~!!!




2016-09-16 (Fri)
OPEN: 21:00
DOOR: 1st drink ¥1000
GENRES: HOUSE, TECHNO

LINE UP:
REMI
MILKMANN
Zaki(DECK THE HOUSE)

0 件のコメント:

コメントを投稿